風に吹かれるままに・・・




四月のこと・・・・ :: 2015/04/29(Wed)




BGM  画像クリックで再生・停止  「夏はきぬ」

卯の花曇

どんなお天気でも

四月の事を卯月(うづき)というのは、卯の花の咲く季節だからという説が一般的です。
卯の花は空木(うつぎ)のこと。 幹の中が空洞なので、こう呼ばれるようになりました。
それを略して卯の花というわけです。

こぼれるように咲く白い花は、よく、雪や月、雲、波などにたとえられます。

卯月の雪、雪見草、夏雪草、潮見草、水晶花など、さまざまな異称でも呼ばれてきました。
「卯の花腐し」といえば、この時期、卯の花を腐らせるように降る長雨のことです。

そして、この時期の曇りがちな空が「卯の花曇」です。晴れの日もよし、
雨の日もよし、曇りの日もまたよし。

卯の花の背景には、どんな空模様も似合います。

美人の日本語   山下景子書より

画像 卯の花  ネットからお借りしました

line_june_011.gif

P1090986A.jpg

トキワマンサクの白花 清楚でいいですね~他所庭急いで撮りました

P1090991B.jpg

ハナミズキ  好きな花の一つです

P1100007A.jpg

冬は枯れたようでしたが~今年もクレマチス咲きだしました

P1090989A.jpg

レンゲソウ  子供頃を思い出し 懐かしい!!

P1100002C.jpg

ギボウシ 雨上がりのしずく


  1. 日々の事
  2. | comment:8
次のページ