風に吹かれるままに・・・




つるし雛・・・ :: 2011/02/26(Sat)

<< BGMイラスト クリック再生・停止 「ひなまつり」

<
雪洞(ぼんぼり)

~あかりをつけましょ ぼんぼりに~ (サトウハチロー)

もともと雪洞は、「せっとう」と読んで、お茶席にお客様が
いない時、炭を長もちさせるために炉にかぶせて
おく覆いのことでした。

白い紙でつくり、くりぬいた窓をあけていたので、
雪の洞穴に見たててそう呼ぶようになったのでしょう。

それを照明器具にしたのが雪洞だといわれています。

「ぼんぼり」は、ぼんやりとか、ほのかという意味の言葉。
あかりが、ぼんやりとみえるので、こう呼ぶようになったんですね。

最近では、ひな祭りよりお花見の時の方が活躍する
のかもしれません。

雪洞が演出するほのかな明かりは、艶かしい春の風情です。
何でも、はっきり見えるのがいいとは限りません。

雪洞のようなやさしい眼差しも、時には必要かもしれませんね。

      美人の日本語  山下景子


妹とは12歳したです~ 今年は上の姪が男の子・下の姪は二人女の子で初節句です
上の子にはお雛様を買いましたが 次女は小さなつるし雛にしました

妹が好きで少しづつ集めたつるし雛を少し足して作って貰いました

画像二枚マウスオン・アウト

<

妹の所の可愛いお雛様

おひなさま

fu-koさまにソースをお借りして勉強して見ましたがテンプレートによってでしょうか~
画像は動きますのでテストです

小さな画像をクリックで別窓が出ます

<<つるし雛♪〔1〕<つるし雛♪〔2〕<つるし雛♪〔3〕<つるし雛♪〔4〕<つるし雛♪〔5〕<つるし雛♪〔6〕
<

<


  1. 日々の事
  2. | comment:24
次のページ